セルフハンドリング・スピリチュアルとは?

スピリチュアルを、
「よく分からない遠い世界のもの」
「自分の手には負えないもの」
ではなく、

「身近なもの」
「自分の手で活かしていけるもの」
と捉えられるように…

本当に生きたい人生を選んで生きるために、
自分自身の意思で、日常の中に活用するスピリチュアル

というモットーから、

Self Handling Spiritual
セルフ(自己)ハンドリングスピリチュアル
という言葉が生まれました。

「セルフハンドリング・スピリチュアル」で重要なこととは?

「セルフハンドリング・スピリチュアル」を実践するにあたって、私が最も重要視している部分。
それは、
いつでも、どこでも私たちをサポートしてくれる存在
が、大きく関わっています。

この存在は、誰にでもついてくれています。
にもかかわらず、活かさないどころか、気付いてすらいない方が、実はまだまだ大勢いらっしゃるんです。

では、「私たちをサポートしてくれる存在」とは、一体何者なのか?

それは、愛にあふれた高次の存在たち。
特に、「ガイド」「スピリットガイド」「指導霊」と呼ばれる存在(※私やこのサイトでは「ガイド」という表現を用いています)、
あるいは、高次のあなた自身である「ハイヤーセルフ」です。

アドバイスやサポートは受けるけれど、最終的には自分で決める

彼らは、私たちと同じように全知全能ではありません。
できないこともあれば、間違えることもありますし、
物質世界(今、私たちが人間として生きている世界)のことについて、あまり詳しくない存在もいたりします。

それでも、彼らと意思の疎通が取れることで、
よりスムーズに、あなたが本当に生きたい人生を生きやすくなる。
これは、私自身が体験してきた中で、確信を持って言えることです。

といっても、彼らの言いなりになる、ということではありません。

なぜかというと、
他の人と同じように、彼らもまた、あなたの人生の責任を取ってくれるわけではないからです。

とはいえ、ガイドやハイヤーセルフが
「あなたのことを手伝いたい」
と思っていることは事実です。

しかしながら、
“あなた自身が「手伝って欲しい」という意図を示さない”
つまり、
「あなたが彼らに何も伝えない」
ゆえに、手伝えずにいるケースも多くあります。

最終的に活用する・しないはその人の自由ですが、
そもそも知らなければ、その選択もできません。
それはそれで、もったいない話なんじゃないか…と私は感じています。

大切なのは、バランス。
つまり、
彼らからのアドバイスやサポートはありがたく受けるけれど、最終的には、自分自身の判断で決める
ことです。

そして、それを実行するためには、彼らとのコミュニケーションが欠かせません。

ガイドやハイヤーセルフとのコミュニケーションは“楽しく”なる

その人の関わる人間関係はひとりひとり違うように、
ガイドやハイヤーセルフなどの高次の存在との関係も人それぞれ。
最適な関係を築き、信頼し合えるようになれば、お互いにとってメリットがあります。

ここでちょっと、お友達と話す時のことを考えてみてください。
「よし、会話するぞ!」と意気込んでやることはありませんよね?
自然と、楽しく会話しているのではありませんか?

コミュニケーションが楽しくなれば、自然と行うようになるものです。
そうすることで、ますます仲良くなれ、彼らの恩恵をより強く受けられるようになります。
そして、ますます高次の存在とのコミュニケーションが楽しくなり、彼らからのサポートもさらに充実したものになる…
という、良いスパイラルへ突入するのです。

高次からのサポートが手厚くなるだけでなく、日常の中に、楽しいことが増えていきます。

ですから、
その人自身の生き方、人生を好転させて欲しいという思いはもちろん、
「何気ない日常の中にこそ、楽しみながらスピリチュアルを取り入れて、楽しく日々を過ごして欲しい」
という思いから、こうした活動をさせていただいています。

地宮みさと について

1993年生まれ、福岡県出身。
小学校でいじめに遭った経験から中学受験を決意。入学した中学校をきっかけに信仰の形やあり方に興味をもつようになる。
加えて、大学に入ってからは哲学も学んでいたが、大学生時代の経験をきっかけにスピリチュアルに関わることを学び始める。
特にチャネリングに強い関心を持ち、
「日常に活かし、本当に生きたい人生を生きるためのチャネリング」
を追究するように。

現在、「自己ハンドリング型スピリチュアル アドバイザー」として活動中。
これまでに約45人に対してチャネリングでのメッセージ伝達を行ったほか、
「目に見えない存在とのコミュニケーションには、自分自身の本心や魂相手も含まれている」
「だから、自分自身との対話(チャネリング)も、ガイドやハイヤーセルフとのチャネリングと同じくらい重要だ」
と感じたところから、コーチングツールPoints of You®のエバンジェリスト資格を取得するなど、
今も活動の範囲を広げている。